FC2ブログ
上海通い婚の日々
上海に暮らす中国人の年下夫との国際別居婚生活をつづります。
201809<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201811
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
最後の喧嘩は
チームの歓送迎会。生ビール、梅酒サワー、ライムチュウハイに胡椒のきいた焼鳥。

プライベートネタに終始、若者の恋愛事情には正直それほど関心はないものの、それなりに新鮮で、それなりに懐かしく、面白く聞いていました。

最近の新人ちゃんにはわたし自身のプライベートをあまり喋っていなかったので、今日はじめて夫が中国人で、別居婚というのを知った子たちがびっくりしていました。

付き合いの長いメンバーは知りすぎるくらい知っていて、「偽装婚」だと断言されたり、「理想の結婚生活」だと持ち上げられたり。

「ケンカをしたときどちらが謝るか?」という話題になったのだが、考えてみたら最近たいしたケンカはしていないなあ。ちょっとしたのはあるけれど、それはたいてい彼が謝っているかも。

最後にした大きな喧嘩は2003年の夏、蘇州のデパートで、という記憶アリ。原因は些細なことだったけれど、結構言い合いになってわたしは東洋のベニスで大泣きしました~。
0602.jpg

結婚してからは喧嘩もしていないなあ、と思い出を辿っていたら、そういえば、昨夏もやりあっていました。上海の暑さがイライラ度をあげるのかもしれません。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
謝る?
え?謝りますか?私の中では「中国人=謝らない生き物」なんですが・・・。うちの夫はその後改めることはあっても、謝るということはしません・・・。
2005/06/03(金) 00:51:14 | URL | xiaozhuzhu #EBUSheBA[ 編集]
謝らせます
>xiaozhuzhuさん
うちの夫が「謝る」のと、「約束に遅れそうなときに連絡をしてくる」ようになったことは、教育の賜物だと自己満足しています。
相当わたしのことが怖いのかもしれませんが。
2005/06/03(金) 20:37:03 | URL | yu_ppie #-[ 編集]
コメントを投稿する
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。